ビタミンA誘導体の効果について

トレチノイン酸クリームの効果について

しわやシミは、ほうれい線を消す化粧品など常日頃のスキンケアが大切ですが、できてしまったら、できるだけ早めに治療したいですね。美容外科や皮膚科でしっかりと治療したい、という方は、トレチノイン酸クリームはいかがでしょうか。トレチノイン酸には皮脂の分泌量を抑制する働きがあり、もともとはにきびの治療薬として使われていましたが、現在ではしわやしみ、そばかすの治療にも使われています。

ビタミンAの誘導体であるトレチノイン酸は、ビタミンAのおよそ10倍から300倍もの生理活性を行うすぐれものです。 トレチノイン酸クリームを塗ると、古くなった角質をはがし、皮膚の再生を活性化させ、しみやそばかすのもとになるメラニン色素を排出し、コラーゲン生成を促します。 アメリカでは既にFDAに認可されていますが、日本では未認可ですので、医師の元で改良を加えたもののみ使用することができます。希望するかたは医師に相談してみてください。

トレチノイン酸クリームを使用する場合の注意点は、皮膚の再生が活性化するためお肌がいつもより敏感になることです。 そのため、紫外線のダメージも受けやすくなりますので、普段以上に日焼け止め対策に気をつけてください。 また、妊娠中の方やこれから妊娠を希望している方は、使用しないようにしてください。

トレチノイン酸クリームを塗り続けていると、ヒリヒリ感があったり、お肌が赤くなってきます。 あまりにもひどいときは、使用をいったん中止してください。

古くなった角質がはがれていくので、治療の途中はかえって悪くなっているのでは…と不安になる方もいるようです。 個人差はありますが、皮膚そのものが新しく再生するまでの辛抱です。 美しいお肌をめざして頑張りましょう。


美肌に嬉しいビタミンAとは

美肌に必要な栄養素といえばコラーゲンですが、そのコラーゲンの生成を助けるのがビタミンです。コラーゲンばかりを摂取するのではなく、ビタミンもあわせて摂取するのがベストなのです。 ビタミンといっても、さまざまな種類があります。 水溶性のビタミンが9種類と、脂溶性のビタミンが4種類です。なかでも肌によいとわれているのは、ビタミンA、B2、B6、C、Eです。

特によく耳にするのはビタミンA、ビタミンCでしょうか。 今回は、ビタミンAについて紹介したいと思います。

ビタミンAは、粘膜や、お肌の代謝を活発にする効果を持っています。 代謝が活発になると、肌荒れを防ぐことができ、刺激や異物に対する抵抗力も高まります。健康と美肌にとても有効な栄養素なのです。 ビタミンAを摂取するには、食事での摂取か、サプリでの摂取が可能です。

ビタミンAには二種類あります。 ひとつは緑黄色野菜に含まれている「ベータカロチン」です。これは、にんじん、かぼちゃ、ホウレンソウやモロヘイヤなどに含まれています。 もう一つはレバー、うなぎなどに含まれる「レチノール」です。 ビタミンAは油溶性のビタミンなので、油での調理や、脂質と共に摂取すると、吸収率が向上します。